« 世界自然遺産貨幣セット(小笠原諸島)の発売 | トップページ | 「すみだ水族館」報道陣に公開-東京スカイツリー »

2012年5月10日 (木)

今後の硫黄島周辺に関する推測

硫黄島新資料 遺骨収集加速を (日本放送協会)

硫黄島の軍事的重要性が高まって来ているので、このような流れになっているのかと推測します。そうだと仮定すると、遺骨収集終了の目処が立った後に硫黄島がどのような利用がなされるのか、ということが小笠原村民としては気になるところであります。

中国 軍部増長狙いは第二列島線 (MSN産経ニュース)

中国と米国の狭間で、グアムと日本本土(横田、厚木等)の中間という硫黄島の軍事地勢的重要性は高いのかと思われます。

沖ノ鳥島は「島」 大陸棚拡大認定 国連委が勧告 (MSN産経ニュース)

沖ノ鳥島周辺海域を日米同盟ラインでおさえるかのような動きも最近見られました。国連に認められたという形です。

Sp1440441

小笠原村は平和都市宣言というものを掲げています。

ですが、一個の地方自治体なので、今後も日本政府やその上の方面の意志に準ずるような政策をとらざるを得ないのかと思われます。

硫黄島は一応小笠原村なので、いろいろ勝手に推測してみました。私のイマジネーションです。

|

« 世界自然遺産貨幣セット(小笠原諸島)の発売 | トップページ | 「すみだ水族館」報道陣に公開-東京スカイツリー »

ニュース・お知らせ・イベント等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界自然遺産貨幣セット(小笠原諸島)の発売 | トップページ | 「すみだ水族館」報道陣に公開-東京スカイツリー »