« すばる出港 | トップページ | 検温くん »

2010年11月20日 (土)

海底ケーブル敷設船「すばる」見学会 一般公開 行ってきました。

S1120su11

すばる見学会が本日の8時から10時まで行われました。短い開催時間ですが、多忙な船の過密スケジュールを縫って開催して頂いたようです。

S1120su13

私も行ってまいりました。

S1120su10

すばるのHPより船のデータを引用させてもらいました。

NTTワールドエンジニアリングマリン すばる

船籍港 日本(東京)
全長 124m
21m
最大荷載喫水   7m
総トン数 9,557トン
巡航速度 13.5 ノット(最大15.4ノット)

S1120su15

現地には人が並んでました。土曜日の朝にしては人出が多いです。

この船や光ファイバー敷設事業に対する島民の関心の高さが現れていると思います。大きくてかっこいい船ですからみなさん見てみたいはずです。

S1120su16

左の受け付けに名前を記入してから乗船します。

S1120su21

受け付け後、SUBARU特製キャップをもらいました!ありがとうございます!

うれしゅうございます。

今後しばらく島内でこのキャップをかぶる人の姿がたくさん見受けられることでしょう。

 

S1120su22

キャップをかぶって、いざ乗船。

約5分間隔、10人ほどのグループ1単位で船内を回ります。

S1120su25

カツカツとアルミの階段を上がります。

S1120su26

ずん。

船内です。

裂け目があります。

S1120su27

中を覗いてみました。

下のスペースにケーブルを巻きつけて収納するそうです。

S1120su75

下のスペースからのばしたケーブルは、大量のタイヤの隙間を通って後部甲板に導かれます。

これは、からまったりしないように安全にケーブルを繰り出す装置だそうです。

S1120su72

そして、いろんな機械を通して海中にケーブルが敷設されるようです。逆に、ケーブルを撤去する場合もあるそうです。

S1120su70

↑こちらは、海中でケーブルの位置を微調整する高価でハイテクな機械だそうです。

浦賀に来たペリー提督の子孫が作った会社の製品だそうです。

幕末以来、海の上から水面下までペリーさんにお世話になっちゃってる格好です。

サンキューリーマッチ、なんつって…。

S1120su62


S1120su30

さて、トントンと階段を上ります。結構上りました。

S1120su31

ブリッジです。

操舵室です。炭酸の飲み物を作ってる場所です。(ソーダ室か)

 

S1120su50

操作系はコンピューター化されていました。

この船はウィンドウズのシステムで動いている、とネット情報で読みました。

S1120su51

カメラで各方面を監視できます。

S1120su55_2

船っぽいような電車っぽいような計器類。

S1120su56

S1120su55

S1120su60

 

S1120su73

英語の注意書きもありました。

撮影できませんでしたが、ドイツ語のような表記の張り紙もありました。

S1120su75_2

ゴミもちゃんと分別されてます。

左から、「燃える」、「プラ」、「特産」(?)、「鉄屑」、と並んでいました。

S1120su76

そんな感じで30分ほど船内を見学させてもらいました。


大変忙しい中、見学させて頂いてありがとうございました!感謝であります。

この作業によって小笠原と本土が光ファイバーで結ばれたので、あとは来年の開通を待つばかりです。開通したら、オガブログの内容、島民のネット生活等にも変化が出ることと思われます。ネットが早くて快適なのはいい事ですね。

以上であります。

参考HP↓

【見学ルポ】海から日本の通信を支える海底ケーブル敷設船に乗る NTTワールドエンジニアリングマリンが敷設船「すばる」の内部公開 (日経PCオンライン)

クラウドもグローバルソーシングも海底ケーブルあってこそ、敷設船「すばる」の内部を公開

(日経Itpro)

 


|

« すばる出港 | トップページ | 検温くん »

」カテゴリの記事

コメント

トントン上る足です(^^)。
昨日帰京して拝見しました。
次回はオガツアーさん利用しますね!

投稿: | 2010年11月25日 (木) 23時17分

おぉ!そうでしたか。
次回はよろしくお願いいたします。

投稿: OGA | 2010年11月25日 (木) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すばる出港 | トップページ | 検温くん »