« 091231ナイトツアー | トップページ | きょうの青灯台付近 »

2010年1月 1日 (金)

100101ハートロック(千尋岩)ツアー

S0101tour

今日もツアーに行ってまいりました。

2010年最初のツアーは千尋岩ツアーでございます。

ツアー中に見られたものを、以下に紹介したいと思いますね。

…ではレッツゴー!

S0101tour2

常世の滝確認。

今日は水量が多かったかもしれない。(推量形)

S0101tour3

第一トラック発見!

思う存分シャッターをお切りくださいまし。

S0101tour4

崖にヤギを確認。

崖好きな人達です。いやヤギ達です。

S0101tour5

そのヤギを撮影するエビバディ。

S0101tour6

タコノキの存在感。

根っこの迫力。

S0101tour7

ポイントポイントで休憩をしっかりとります。

水分や糖分を補充しちゃいましょう。

経口投与しちゃいました。

S0101tour8

この建物の内部には何があるのか、ないのか!?

S0101tour9

薬きょう発見!

どんなにツライ状況にも負けません!(逆境でしょ)

お経を書き写しましょう(写経でしょ)

「うわぁぁぁぁ!!!きぇぇぇえぇえぇっっx@#xぁ"%&ιθёうぅ""!!!」(発狂ですから)

S0101tour10

野生のキクラゲを確認。

食物ファイバーが豊富かと思われます。

S0101tour11

スルーザジャンゴー。

森を抜けました。

S0101tour12

ハートロックに到着!

新年初ハートロックです!

めでたい。めでてー!

昔のイタリアのお金持ちの家ですか?(それはメディチーでしょ…苦しいっす)

S0101tour15

そしてお約束のおにぎリング

4ヶです。

S0101tour17

太平洋の大海原を見渡しながらの至福のランチタイムです。

S0101tour16

最近のマイブーム、ラムネちゃん。…だっちゃ。

最近のお客さんに配給しまくってます。

マイブームに付き合うてもろてます。

S0101tour13

南島方面は荒れ模様。

S0101tour125

でも鮫池付近の波は案外静かだったので、

2艘の船が鮫池に進入しているのが昼飯時に確認できました。

某タクシー社と某桃色のお船でした。

S0101tour18

仲良し親子さん。

S0101tour19

二人の背中に親子愛を見た。見ました。

S0101tour20

S0101tour21

さて、帰路でございます。

S0101tour22

ロープ場を軽くクリアー。

S0101tour23

トラックを見学。

S0101tour24

そして、

今年もやって来ました!

360°わくわくガジュマルサンダーマウンテン(仮称)でございますう!

へいへーい!!

S0101tour25


S0101tour26

木登りをなさる方はなさってください。

S0101tour27

撮影をする方は撮影をなさってください。

S0101tour28

ブランコをする人はブランコをしてください。

ここはフリーダム。

自由気ままに遊んじゃっていいんです。

S0101tour29

古井戸の深さを計測中。

どんぐらいだったかな~。

S0101tour30

再び歩き始めます。

S0101tour31

セパレートブリッジを通過。

S0101tour32

二本橋ブリッジを通過する愛息クンの雄姿を激写するお父様。

二人の背中に親子愛を見た、見ましたパート2。

S0101tour33

雄々しくりりしくいつでも準備オッケー、カモーンな姿で屹立する朝○岩を遠望。

S0101tour34

一本橋ブリッジを通過。

S0101tour35

路傍の花を撮影。

ハカラメの花が咲いていました。

S1108tour9

帰り道沿いの沢で川エビをウォッチング。

Sdscf5476

エビの体を撮影するエビバディ、皆さん。

S0101tour36

S0101tour37

どんどん下って、

無事にツアーは終了したのでした。

S0101tour14

2010年の最初のツアーはハートロックで幕開けになりました。

素敵な皆さんと2010年のスタートを切れた事にオガツアー一同(一人ですが…)全員感謝しております!

皆さんどうもありがとうございましたぁ!

|

« 091231ナイトツアー | トップページ | きょうの青灯台付近 »

ありがとうございました!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 091231ナイトツアー | トップページ | きょうの青灯台付近 »