« 小笠原諸島で震度3 | トップページ | 敷き松葉のような »

2009年11月 4日 (水)

09年自衛隊観艦式 (10月25日)

※先日、おがさわら丸に乗って内地に行った時の写真です。

この日は船が少々揺れたので、

朝からずっと外のデッキに出られなかったのですが、

東京湾に入りようやく波もおさまりました。

というわけで早速デッキに出て新鮮な空気を肺に取り入れまくっていると…

S1104kan2

何だかやけに自衛隊の艦船が多いんです。

S1104kan6

護衛艦隊が移動中??

ものすごい数です。

訳もわからず興奮してカメラのシャッターを切りまくっていると、

S1104kan7

おがさわら丸の船内放送によって自衛隊の観艦式 が行われていることを知りました。

平成21年度自衛隊観艦式(海上自衛隊)

「うぉー!ラッキー!」

3年に一度しか行われないらしいビッグなイベントを洋上から間近に見られるなんてとてつもなく幸運です!でした!

自衛隊の艦隊の巡航速度よりもおがさわら丸の巡航速度のほうが速いらしく、

次から次へといろんな艦船をぶち抜いていきます。

写真を撮るには実に好都合なんです。

S1104kan8hachijou

303掃海艇はちじょう

S1104kan10makinami

112護衛艦まきなみ

S1104kan12ohsumi

4001輸送艦おおすみ

S1104kan14

おが丸の前後左右を護衛艦隊に囲まれました。

ほぼ世界最高級の護衛付き状態です!

おがさわら丸の航行史上でも最も安全な状態(?)でしょう。

S1104kan15

乗客の皆さんも注目しまくってました。

ただ、洋上だし、風が強いし、小雨まじりだし、南国帰りだし体感的に非常に寒い状態だったので、

10分も眺めると大半の皆さんは船内に避難されていました。

S1104kan20uraga

掃海母艦うらが

S1104kan30

東京湾フェリーが見えました、

…ので、久里浜沖と確認できました。

S1104kan31kongou

↑イージス艦「こんごう」か

S1104kan37

狭くて危険な浦賀水道、中の瀬航路あたりでは、

おが丸が護衛艦隊をぶち抜き続ける事は不可能になりました。

S1104kan39S1104kan40

ぼんぼこぼんぼこぼんぼこぼんぼこ…

S1104kan44

ヘリが超低空から接近!

S1104kan45

うわぁぁぁ~~!

ぶつかる~!

S1104kan46

でも、ダイジョウブ~。大乗仏教なんです。チ~ン。

ぶつかるほどに大接近してましたが、

アトラクションの一つだったようです。

↑229「あぶくま」に乗船している一般ピーポーらしき皆さんの姿も見えました。

S1104kan50kurama

144護衛艦「くらま」も参加していました。

関門海峡で韓国のコンテナ船と衝突する2日前の事なのでした。

S1104kan35

小学校4年生の時に、

軍艦のプラモデルを作りまくり、30隻以上の自分だけの連合艦隊を率いていた私にとっては、

最高にエキサイティングな体験でした

でもちなみに、現在はプラモデルは作らないし、

軍艦についても全く知らないです。

ちーん。

 

|

« 小笠原諸島で震度3 | トップページ | 敷き松葉のような »

」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
観艦式から随分と日が経ちましたが、
今頃になって写真を探していました(笑)

おがさわら丸に乗船されていたのですね、
ということは、海の上でお会いしていたわけです(^^)v

私は艦番号229の「あぶくま」に乗艦していました。
横を並走する おがさわら丸を見て
私たちは私たちで騒いでいたんですよ♪

あぶくまのお写真、いただきました。
自分が乗っている艦だけは
どうやっても外からは写せませんでしょう?(笑)
ですから とても嬉しかったです。

ありがとうございました♪

投稿: 『あき』 | 2009年12月14日 (月) 16時29分

度々の書き込みで申し訳ありません。
実は お願いがありまして…。

「うわぁぁぁ~~! ぶつかる~!」の上の
艦番号229とヘリが一緒に映っている写真がありましたら、
そのままのサイズで送っていただけないでしょうか?
船首近くで乗組員の方とお話ししていたろころで、
それが映っている可能性があるのです。

図々しいお願いではありますが、
どうか よろしくお願い致します。

投稿: 『あき』 | 2009年12月14日 (月) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小笠原諸島で震度3 | トップページ | 敷き松葉のような »